子どもの心療治療

うつ病やストレスなどは主に大人の病気だと考えられていますが、子どもも発症する可能性があります。3歳頃の幼児期から思春期まで心に病を抱えてしまう子どもは珍しくありません。家庭や学校など周囲の影響を大きく受ける子どもの心は負荷がかかりやすいといえます。そのため、自分の子どもに些細な変化が見られないかきちんと判断することが大切です。学校へ行かなくなったり、周囲に馴染めず集団で遊ぶことが苦手である、乱暴で暴力的な言動が見られる場合、お子さんは心の病を抱えていると考えられます。また、身体にも影響を及ぼします。頻繁なおねしょや、意思に反して体が動くチック症状などが見られた場合、無意識のうちに子どもは心にストレスを抱えているかもしれません。子どもが発しているSOSサインだと考え、心療内科を受診する必要があります。

大阪にある心療内科の中には、こうした子どもの心療治療を主に扱っているクリニックがあります。セラピストや心療内科医が子どもひとりひとりに寄り添い、考えられる原因をいっしょに見出していきます。また、子ども自らが問題を知り、解決する能力を養うことも大切です。今後自分自身の弱点や性格と向き合い、強いメンタルを培う必要があるためです。子どもの心療内科では、そういった取り組みも行なっているため、子育てに不安がある親御さんも安心です。子どもと上手に向き合い、心の病気を改善する方法を知ることができます。また、子育ての上で不安やストレスを抱え、心療内科を受診するお母さん、お父さんも多くいます。自分の子どもは周りに比べると発達が遅れているのではないかなどの不安や悩みを相談でき、心にゆとりを持ちながら子育てができます。親御さん以外にも、幼稚園や学校から相談を受け付けているクリニックもあるので、子どもと関わる全ての人が受診できます。